chioben
先日、NATSUKO SAKURAIさんの商品撮影を
させていただきました。久しぶりの撮影ー!
a0314018_21303252.jpg

で、お知り合いのグラフィックデザイナーの方に
おうかがいして以来、ずーーっと食べたかった
「chioben」をお昼のお弁当にオーダーしてみましたっ!!!!

雑誌でもよくご紹介されている山本 千織さんという
華奢でかわいらしい女性の方がつくっていらっしゃる
のですが、やっぱり、とっても美味しかった♡
a0314018_21304139.jpg

山椒がきいたたこ飯!アボカドと大葉の春巻き!
九角オクラにチーズをはさんだもの。
ムラサキ芋。ふわっふわの卵焼き・・・。その他いっぱい。

素材の味が凛としてて、清潔感のあるお惣菜が、
ぎっちり詰められていました。体の中が綺麗になりそう!

お洒落なケータリングもされているので、
「chioben」を見て味わって楽しむためだけにでも、
大規模撮影やイベントしたい。(笑)
a0314018_21301669.jpg

今は、SALONE AOYAMAの今後について構想中の
わたくしですので、全てがガチッと決まっていない時、
どうも、ボーっとしてて駄目な子です。

が!なんと、見かねたデザイナーのNATSUKOさん
ご自身が、撮影や今後のスケジューリングなどについて、
リードしてくださいました!
「役割は臨機応変で」と言ってくださって(涙)

その他の作家さんやお客様も暖かくて、、。
今、頼らせて支えてくださっていること、忘れません!
# by salone-aoyama-2 | 2013-08-13 21:45 | DIARY
ご挨拶
先日、Natsuko Sakuraiさんの新宿伊勢丹の展示会に
お伺いしました!すべて可愛かった!
a0314018_919018.png

ひとめ惚れのフェザーピアスを購入しましたよー。
a0314018_9162110.jpg

パリジェンヌが着けるとこんな感じ♡
a0314018_9163598.png

私がデザインして、NatukoSakuraiさんが制作してくれた指輪、、、
完成品を、な、なんと!今後のわたくしへのエールを込めて、
と、プレゼントしてくださいました!
K18YG+PINK TOURMARINE+DIAMOND+RUBYです!
a0314018_13253348.jpg

SALONE AOYAMAをブラッシュアップするのがここ何年来の
夢で、デザインまですすみかけていた状況でしたが、
まずはあせらず今のまま、少しずつ更新したいと思います。
おそらくNatsuko Sakuraiさんの新作から、登場します♡

SALONE AOYAMAをご愛顧いただいているお客様、
ご協力いただいている方々へ、きちんとお話する事なく、
更新が止まってしまい、本当に申し訳ございませんでした。

これから、以前にも増して楽しめる場所をご提供したいと思いますので、
今後とも、よろしく御願い申し上げます。
a0314018_931417.jpg

更新が止まっている間、ジュエリー学校時代に担任をして
くださっていた先生と、あるジュエリーブランドを立ち上げていました。
先生は、SALONE AOYAMAも応援しながら新しい機会をくださり、
心より感謝しています。

私は、この6月にその別ブランドを巣立ち、
先生の冷静な経営力と一線を画す芸術性があれば、
全てが最も良いようになるだろうと思いつつ。。。
a0314018_1319342.png

そのブランドを気に入ってくださったお客様たちが
今、どうされているか、とってもとっても気になる。

そして、そのブランドにチャンスをくださったお取引先、
無理難題を解決していただいていた協力会社の皆様、
人生の時間を分けてくれたスタッフ達が
どうされているか、とってもとっても気になる。。

それでも、私がもうそのブランドを巣立ち、
何もできないことが現実なので。。
つとめて前を向いて、ひとり行く道だと心得て、
前にすすみたいと思います。

もちろん、いつでも、御連絡をいただければ、
今の立場でも出来る限りの事はしたいと思いますので、
今後とも、よろしく御願いいたします!
itami@salone-aoyama.com
a0314018_9333586.jpg

という訳で、SALONE AOYAMAと、別ブランドにかかわる
皆さんに、たくさんのごめんなさいと、ありがとうと、
改めてよろしく御願いします!です。

すこーしずつ、ブログも更新するようにいたします。
NatsukoSakuraiさんの新作のSALONE AOYAMAへの
公開は、おそらく、8月下旬かな〜?
# by salone-aoyama-2 | 2013-08-08 09:16 | SALONE AOYAMA